古民家建築: 旧黒沢家住宅

   秋田県:歴史・観光・見所(ホーム)秋田県:フィールドワーク秋田市:古民家建築>旧黒沢家住宅

旧黒沢家住宅
旧黒沢家住宅
[ 付近地図: 秋田市楢山 ]・[ 秋田市:古民家フィールドワーク ]
旧黒沢家住宅 旧黒沢家住宅 旧黒沢家住宅 旧黒沢家住宅
旧黒沢家住宅 旧黒沢家住宅 旧黒沢家住宅 旧黒沢家住宅
概要・歴史・観光・見所
旧黒沢家住宅概要: 黒沢家は山奉行、寺社奉行等の要職を勤めた上級武士で石高は500石にのぼりました。元々上級武士の屋敷は城下町の中でも城に近接していたり防御上重要な場所に配置されました。旧黒沢家住宅も藩主の参勤の道沿いに配されていました(旧東根小屋町、現中通三丁目)。現在は一つ森公園に移築保存されています。旧黒沢家住宅は長屋門(18世紀前半の建築))、主屋(座敷棟・台所棟が18世紀前半・小座が19世紀中ころ)、土蔵(嘉永4年(1851))、米蔵(天保元年(1830))、木小屋(万延元年、(1860))、・氏神堂(文政10(1827))が残っています。このようにほぼ完全な形で残っている江戸時代の上級武士の屋敷は全国的に見ても大変珍しく貴重な存在です。武家屋敷自体が藩の持ち物(現代でいう官舎や寮のようなもの)だったこともありますが、都市の中心部にある為、開発にいち早くさらされたことが原因だと思われます。旧黒澤家住宅は国重要文化財に指定されています。

 秋田県名所、旧跡見所ナビ: 〜秋田市・男鹿市・潟上市・五城目町・八郎潟町・井川町・大潟村〜
|秋田市:新屋| 秋田市:土崎| 秋田市:八橋・寺内| 秋田市:和田・戸島| 秋田市:新波| 秋田市:水沢集落| 太平山| 高尾山| 藤倉ダム| 天徳寺|
|補陀寺| 日吉八幡神社| 久保田城・千秋公園| 秋田市:民家建築| 秋田市:近代建築| 潟上市:大久保| 五城目町| 八郎潟町:高岳山| 男鹿半島|
|秋田市:追分・金足| トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「秋田県WEB観光案内所」は「秋田の歴史」、「羽州街道をゆく」、「秋田市歴史地図」、「あきた滝300」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「秋田のお寺」、「秋田の神社と神々」、「歴史道路報告書」、「佐竹氏と久保田城」、「秋田の温泉」、「有限会社建築相談センター」、「たった1人の秋田まちづくり委員会」、「秋田羽州街道ひとり旅」、「秋田県の建物と街並み」、「小野小町」、「秋田フィールドワーク」を参考にさせていただいています。