男鹿半島: 赤神神社五社堂

   秋田県:歴史・観光・見所(ホーム)秋田県:フィールドワーク男鹿半島>赤神神社五社堂

赤神神社五社堂
赤神神社五社堂
[ 付近地図: 男鹿市門前 ]・[ 男鹿半島観光123456789101112 ]
赤神神社五社堂 赤神神社五社堂 長楽寺 赤神神社五社堂
赤神神社五社堂 赤神神社五社堂 赤神神社五社堂 赤神神社五社堂
男鹿半島・歴史・観光・見所
赤神神社五社堂概要: 赤神神社五社堂(国指定重要文化財)は男鹿半島の歴史や文化、伝説には欠くことが出来ない場所です。神社参道には当時、長楽寺と神仏混合していた為、山門があり内部には石造の金剛力士像が安置され、「なまはげ」が作ったと言う999段の長い階段があります。本当に999段あるかはわかりませんが、運動不足の人には結構大変です。境内付近には姿見の井戸や土塁(山城跡?)、各種御堂の跡などがあり、かなり雰囲気があります。 五社堂の建物自体は江戸時代の中頃建てられたもので、向拝、屋根、柱、組み物などに珍しい工夫が見らる貴重な文化財です。建物の名称は向かって左から「十禅師堂」「八王子堂」「中堂」「客人権現堂」「三の宮堂」と呼ばれています。赤神神社は本山自体を神とする信仰の山で、古来から特有の神として県内広域に信仰されています。江戸時代には佐竹氏によって領内12社とされ社殿の建立などを寄進されています。

 男鹿半島・観光・見所
赤神神社万体仏旧加茂青砂小潮瀬崎戸賀八幡神社増川八幡神社森長旅館目黒家真山神社鬼の隠れ里玉の池能登山長楽寺
鵜ノ崎海岸東湖八坂神社滝の頭小深見神明社脇本城入道崎八望台星辻神社トップ
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「秋田県WEB観光案内所」は「秋田の歴史」、「羽州街道をゆく」、「秋田市歴史地図」、「あきた滝300」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「秋田のお寺」、「秋田の神社と神々」、「歴史道路報告書」、「佐竹氏と久保田城」、「秋田の温泉」、「有限会社建築相談センター」、「たった1人の秋田まちづくり委員会」、「秋田羽州街道ひとり旅」、「秋田県の建物と街並み」、「小野小町」、「秋田フィールドワーク」を参考にさせていただいています。