赤田の大仏(長谷寺)

   秋田県:歴史・観光・見所(ホーム)秋田県:フィールドワーク>赤田の大仏(長谷寺)
秋田県の名所・旧跡
 ・ 十和田湖
 ・ 康楽館
 ・ 小坂鉱山事務所
 ・ 七滝
 ・ 大湯環状列石
 ・ 小又峡
 ・ 抱返り渓谷
 ・ 小安峡
 ・ 安の滝
 ・ 象潟
 ・ 元滝伏流水
 ・ 奈曽の白滝
 ・ 蚶満寺
 ・ 波宇志別神社
 ・ 川原毛地獄
 ・ 久保田城
 ・ 秋田城
 ・ 男鹿半島
 ・ 法体の滝
 ・ 池田氏庭園
 ・ 角館町
 ・ 田沢湖
 ・ 高尾山
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
赤田の大仏(長谷寺)・歴史・観光・見所
赤田の大仏(長谷寺)概要: 長谷寺は是山和尚が創立した曹洞宗の寺院で秋田三十三観音霊場第九番札所です。 創建当初は安永4年(1774年)に滝沢山不動庵と称したのが始まりとされ、 その後、天明4年(1784年)に時の亀田藩主から奈良長谷寺の本尊と同木で彫刻した小仏を遺贈され、それを胎蔵佛として、長谷十一面観音の造立しました。現在の十一面観音立像(由利本荘市指定有形文化財)は、明治21年(1888年)に火災で焼失後改めて造像されたものですが、日本三大観音の1つに数えられ、高さは約9mあります。又、「赤田大仏祭り」は神仏習合の行事で全国的にも珍しいお祭りで、200年以上も続いているそうです。祭りの内容としては、前日に大仏殿正面1キロ先の神明社に大仏の分身の観音様が、一夜を過ごし再び大仏殿に戻ってくるといものですが、民俗学的には「山ノ神」が「田ノ神」になって再び「山ノ神」となるということらしいです。長谷寺と神明社の位置関係は赤田川をは挟んで対峙しています。しかし、大仏殿は神明社の方向を見ていますが、本殿同士は向き合ておらず建物の関係性は低いのかもしれません。観光客の為だとは思うのですが、長谷寺の参道正面に電話ボックスと自動販売機が設置されていました。建物や大仏だけでなく、そこに至る参道やアプローチにももう少し配慮してほしい気がしました。又、全国的に珍しいお祭りがあるということなので、もう一対の神明社の方もクローズアップしても良いと思います。
  スポンサーリンク
 
赤田の大仏
赤田の大仏(長谷寺)
[ 付近地図: 秋田県由利本荘市赤田 ]
赤田の大仏 赤田の大仏 赤田の大仏 赤田の大仏
周辺・観光・見所
神明社
神明社
神明社
五峰山
五峰山
五峰山
赤田大滝
赤田大滝
赤田大滝
折渡地蔵尊
折渡地蔵尊
折渡地蔵尊
住宅設計案内

 

 

 秋田県観光、旅行見所ナビ: 〜由利本荘市・にかほ市〜
|赤田の大仏| 由利本荘市:岩城亀田| 由利本荘市:矢島| 由利本荘市:石脇| 由利本荘市:前郷| 由利本荘市:中心部| 鳥海・法体の滝|
|由利本荘市:大内町| 由利本荘市:幕末社寺| にかほ市:平沢| にかほ市:金浦| にかほ市:象潟| にかほ市:小砂川・三崎峠| トップ|
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「秋田フィールドワーク>横手市浅舞:歴史・観光・見所」は「秋田県WEB観光案内所」「秋田の歴史」、「羽州街道をゆく」、「秋田市歴史地図」、「あきた滝300」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」、「秋田のお寺」、「秋田の神社と神々」、「歴史道路報告書」、「佐竹氏と久保田城」、「秋田の温泉」、「有限会社建築相談センター」、「たった1人の秋田まちづくり委員会」、「秋田羽州街道ひとり旅」、「秋田県の建物と街並み」、「小野小町」、「秋田フィールドワーク」を参考にさせていただいています。